ゴム印とは

ゴム印ゴム印というのは個人でも会社でも使われることが多いです。幅広い場所で使われており、とても使い勝手の良いはんことされています。ゴム印は文字通りゴムで作られているものです。住所や社名などを記載するために用いられることが多いです。値段がやすいのが特徴であり、耐久性が低くて摩耗しやすいのがデメリットとなっています。会社で認め印としてゴム印が使われることがあります。ただし、社外で正式な書類で使う際には不向きでしょう。ゴム印は変形してしまう可能性があるからです。

ゴム印とは、捺印する部分がゴム製でできており、捺印する際にスタンプ台でインクをゴム部分に付けて捺印する、はんこ の事が一般的に、ゴム印と呼ばれています。

ゴム印に最適な用途としては、住所や電話番号といった決まった情報を手書きする手間を省くために使うことです。これらの情報をいちいち手書きしていくのはとても面倒です。それならばゴム印を作ってしまった方が書類作成の効率はとても良くなるでしょう。また、正確な情報をきちんと記載することができます。

個人で認め印としてゴム印を使うケースもあります。また、シャチハタはゴム印の一種です。ゴム印にもいろいろな種類があり、土台が木材のものもあれば、プラスチックのものもあります。シャチハタはインクが内蔵されているゴム印です。

このようにゴム印というのはさまざまなものが含まれているのです。